BLOG

ブログ

No.5 偉大な記録(2006.4.15)

みなさん、こんにちは。

野球界では大変な記録が生まれました。
その記録は『903連続試合・全イニング出場』を破って達成されたものです。

その記録を達成したのは金本知憲といい、日本のプロ野球チーム「阪神タイガース」に在籍中です。
米メジャーリーグの選手で、元オリオールズ球団に所属していたカル・リプケン選手が持っていた記録を破って世界一になりました。

1999年7月21日から現在までの約7年間で積み上げられたものです。
途中出場も途中退場も許されない、試合開始から試合終了まで毎試合出場し続けるという、気の遠くなるようなものです。

そのように大変なものですから、リプケンの記録はおそらく今後破られることはないだろうと言われたほどです。

7年もの期間、怪我で休むことはおろか、調子が悪くてスターティングメンバーから外されることも無く、代打を出されることもなく、その上守備固めで交代されることもなかったわけです。
これは精神的にも肉体的にも恐ろしくバランスが良くなければ不可能です。

野球界を飛び越えてあらゆる世界の見本になるような記録だと思います。国民栄誉賞に十分値するものではないでしょうか。この話を聞いて本当にすごいと思いました。

私たちの仕事も、末永くずっとずっと続けられなければ意味がないし、それには本当にバランスの取れた仕事を作り上げていかなければならないと、気持ちを引き締められる思いがしました。

 

        (2006年4月15日のメルマガより)

ページトップへ