Earthquake

耐震対策も安心の家づくり

大東建設だからできる耐震設計

日本は地震がとても多い国です。住宅を建てる際も、地震対策をしっかり行っている工務店に依頼する方が多いと思います。
多くの工務店では、鉄筋コンクリートを多用しており、地震対策も鉄筋コンクリートを使用することを前提に設計されています。
もちろん鉄筋コンクリートは強度が高く、地震対策に効果的ではあるのですが、有害な物質を含んでいるケースがあることには注意しなければいけません。

大東建設がつくる住宅では主に、「天然の木材」を使用します。そう聞くと、「木材で地震対策は大丈夫?」と思う方も多いかもしれません。
しかし、安心してください。大東建設では他の工務店では行っていない独自の施工法で、木材のメリットを生かしながら、地震対策の設計を行っています。
当社には、創業以来50年、木材を使用した住宅を築いてきた経験と独自の地震対策のノウハウがあるからです。
「体に優しい木材」を使用して「地震に強い家づくり」を行うことが大東建設の理念であり、地元の方に支持されている理由です。

大東建設の耐震リフォームには安心の技術力があります

1995年1月17日、「阪神・淡路大震災」が発生しました。阪神・淡路大震災ではたくさんの家屋が倒壊し、多くの方が住む家を失うことになりました。
それ以降も、日本では幾度も大きな地震に見舞われています。

それほど地震が多い日本において、大東建設では、50年間培ってきた木造耐震技術に自信があります。
当社では、大規模な地震が発生しても倒壊することのない、「徹底した耐震設計」を行っています。特に大東建設の「耐震リフォーム」は、お客様から好評を頂いています。

国土交通省認可法人「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」で認可を得た「一般耐震技術認定者」が、住宅の耐震を診断します。
大東建設の住宅は、木造住宅の耐震の専門家である一般耐震技術認定者が徹底してチェックを行っております。ご安心ください。

屋根の素材にも軽量な木材を使用しています

大東建設の住宅では、屋根にも軽量の天然木材を使用しています。屋根に軽量な木材を使用することによって、耐震効果を得ることができるからです。

また、屋根に木材を使用することで、耐熱効果も発揮されます。これは、耐震設計の木材住宅をつくり続けてきた大東建設だからこそできる施工なのです。

木造耐震の住宅で心も体も健康に暮らしてみませんか?

大東建設ではお客様の「健康」と「安全」を日々研究し続けています。それは、木造住宅の耐震設計は常に進化しているからです。
当社では「家に住む人の命を守る」ことを第一の義務と考えています。私たちが家づくりを行ううえで、最も大切にしているのは「健康と安全」です。

お客様のライフスタイルに適したプランをたくさんご用意しております。
自然の木材を生かした新居をお考えの方は、ぜひ「大東建設」にご相談ください。

ページトップへ
資料請求 お問合わせ