練馬区の工務店 大東建設/サービスのご案内

サービスのご案内

契約まで

service_image1僕は大東建設に居候している猫の「ふく」です。
工事までの流れやリフォームの内容を僕が説明するね。

大東建設では工事ができる範囲の地域にチラシを配っています。
そのチラシやこのホームページを見てもらって「ここにみてもらおうかな!相談してみようかな!」って思ったら電話やメールを送ってもらうのね。

そう、大東建設ではお客様に「見てください」って言われなければ、訪問営業はしていないんだ。人手が無いから営業できないらしいよ。
電話やメールをもらったら、電話だけで相談に答えられることもあるけど、やっぱりお家を見せてもらいます。
お客さんにしてみたら、大体の内容と金額を聞いてその上で見に来てもらわないと断ったりしづらい・・・と思っちゃうだろうけど、電話だけじゃ見当違いのことを言っていたり、見てみないとわからないことがあるんだよね。いろんなやり方があるから見たってわからないこともあるらしいからね。

見せてもらって、「どうしたい、こうしたい」というお話を聞いて、「こうした方がいい、ああした方がいい」とお話をして、大体のプランと見積もりをします。その場で答えちゃう場合やお時間を頂く場合もあります。

大きなリフォームの時には、この段階では概算の見積もりになります。このプランと見積もりでよかったら契約に進みます。

細かな変更や詳しい図面にしたり、詳細の見積もりを出すなど計画を進める場合は、まず『プランニング契約』というのをさせてもらうんだ。このプランニング契約では概算見積の大体10%の企画料を頂きます。本契約になった時には契約金の一部にさせていただきますので安心してね。

プランニング契約後はさらに詳しい打合せやプランに入っていきます。最初の概算見積や簡易のプラン段階ではしつこく売り込んだりはしないんだよ。じっくり考えて、お家で話し合って決めてね。

 

工事まで

service_image2本契約では全体工事金額の10%から20%を契約金として頂きます。
工事予定日よりなるべく早めに契約してもらえれば、
よりいい職人さんが手配できるよ。
みんなそれぞれ個性的でおもしろい職人さん達です。

工事日程が決まります。それにあわせて職人さんの手配や資材の手配をするんだよ。
お家での工事に入る前に、下ごしらえなどを工場でする場合もあります。工事日の前日か2、3日前にはご近所さんに「ご迷惑をおかけ致します」と工事の挨拶をするんだよ。工事会社の責任としてちゃんと挨拶をするんだけど、「お互い様だからいいよ、気にしなくて。」って言ってくれるお隣さんもいます。この挨拶は大事だね。お客さんもお隣さんと顔を合わせたら「今度リフォームすることにしたから、お騒がせします。」って言ってくれたほうがいいみたいだよ。

ずっとそこに住む隣近所だからいいお付き合いしたいもんね。工事中もなるべくご近所に迷惑がかからないように気をつけるからね。

 

工事中

大きなリフォームや水廻りをリフォームする時には、仮住まいに引越しするのがお勧めだね。みんな、「台所が使えない、お風呂に入れない」場合は店屋物をとったり、お風呂屋さんに行ったりしてなんとかなるって想像が出来るみたいだけど、毎日何人もの職人さんが出入りしたり、資材の移動、壊したり付けたりする時のホコリや音は想像以上に大変なんだ。

精神的にも相当参っちゃうみたい。仮住まいに住んだとしても、お客さんには毎日お家に来てどんな状況か見たり、職人さん達が一生懸命に作業している所を見てもらいたいな。

どんな状況かっていう点では、例えばお風呂の工事。タイルやコンクリートをこわしてみると土台や柱が見えてくるんだよね。
でも、お風呂場の土台や柱は無い場合が多いんだよ。土台が無くても周りの壁で耐えてるんだ。そんな不安定な状態でも、それを直さずそのままシステムバスを組み立てちゃう業者もあるんだって。

結露がひどい窓でも窓台が腐ってることがあるんだよ。そういう時にはお客さんに報告して、土台や柱の傷んでいない所まで取り除いて交換してあげないとならないんだね。柱を取り替えるには外壁にもからんじゃうから、お客さんと相談してどの程度直すかを決めるんだよ。

外壁、外装工事や屋根工事でも、工事が始まって足場が掛かれば、霧除けや破風板の痛み、フードの取り付け具合などの良くないのがわかったりする。瓦を降ろしたら野地板や垂木が痛んでいたりする。そうしたら塗装を塗っちゃったり、屋根をかぶせちゃうだけじゃだめだもんね。

話がそれちゃったけど、仮住まいじゃなくて住みながらのリフォームだったとしても10時と3時のお茶は気を遣わなくていいからね。なるべくお客さんの負担にならないように、ちゃんと養生をして、その日の終わりには工事途中でもちゃんと片付けて、お掃除をして帰るからね。

リフォームでは、今までそれがどういう風に取り付けてあるとか、どんな状況にあるとか、壊したり外してみないとわからないんだ。工期の事、予算の事も考えて、その時その時、的確な対応をしないとね。