BLOG

ブログ

キッチンを寸法で考える①

LINEで送る
Pocket

キッチンを寸法で考える

 

今回は、キッチンの設計を考えてみたいと思います。
効率的な動作や作業を行ったうためにはある程度のサイズをおさえておかなければなりません。

練馬のリフォーム会社のキッチンイラスト

 

 

キッチン 片付けやすい工夫と効率的な家事動線

① キッチンを設計するポイント

LDKの中心にキッチンが設計されるなど、現在ではキッチンは「隠すキッチン」→「見せるキッチン」へと変化してきました。
キッチンセットのデザイン性に、片付けやすい、掃除しやすい工夫と効率的な家事動線を加えることが必要なのです。
ようするに、見栄えと実用性を兼ね備えたキッチンスペース(空間)を設計しなければなりません。。

② 家事の拠点として長時間滞在する場所。(課題の整理)

[調理]  キッチンセット、調理器具、食品(冷蔵庫、食品庫)
  食器棚、電子レンジ、炊飯器、電気ポット、トースターetc
  ゴミ箱
[配膳]  配膳カウンター、食卓
[片付・掃除]  キッチンセット、食洗機、洗剤類、掃除用具、ゴミ     箱、勝手口
[保管]  冷蔵庫、食品棚、食品庫(食品、飲料、調味料等)床下収  納庫
[換気」  換気扇、窓、火災報知器
[その他]  軽食、会話

③ レイアウト

主役のキッチンセットと収納や冷蔵庫等を調理や配膳、片付の作業が効率よく快適にできるように配置する必要があります。
さらに、ダイニングや洗面など関連するスペースとの利便性も考え計画します。

【1】キッチン作業は、計3.6m~6.0mの三角形でチェック

・キッチンのレイアウト、調理人数で作業に適した間口と奥行は違ってきます。必要寸法の理解は、作業効率に優れたキッチンの計画には欠かせません。

◎ キッチンセットの設置スペース

・通常、システムキッチンの幅は150㍉刻みで規格されています。
2,15m、2.4m、2.55m、2.7mのサイズが多く用いられています。
・キッチンの幅が広くなると、調理スペースが広くなり、収納量が増える利点あります。
・キッチンの奥行きは一般に650㍉ですが、アイランドキッチンでは1m超もあります。
・キッチン天板の高さ=身長÷2+5cmが目安
…と一般的にはされていますが、実際には肘下10cmが理想です。
例えば、先日のお客様は身長160㌢でした。ハウスメーカーさんのショールームでは、85㌢がベストな高さだといわれたそうです。今までの数式 160÷2+5㌢にあてはめると85㌢になります。

ところが、そのお客様は足が長いせいか、肘下の高さが102㌢でした。そこで102㌢-10㌢で計算すると92cmとなります。日本のキッチンメーカーでは、90㌢までしか選べなかったので、せめて、90㌢にはしておいた方がいいとお薦めしました。そのお客様は、90cmを選ばれたのですが、後に大変喜ばれていました。「85㌢にしていたら、調理をするたびに腰痛を後悔していたことでしょう」とのことでした。
この天板の高さの違いは5㌢ですが、意外とバカにならないものなのです。せっかく高価な「夢のキッチン」を手に入れたのに、使われる度に後悔されては、とんでもないことです。
その差を知っているかどうかは「たかが、5㌢ですが、されど5㌢」なのです。次にL型キッチンですが、L型キッチンは間口が狭くても設置可能で、豪華に見えることがメリットです。
ところが反面、ゴーナー部がデッドスペースとなり使いにくく、冷蔵庫や収納の配置も困難になるので注意が必要です。
食器棚や家電収納の設置スペースは、キッチンの背面に同等の幅で確保するのが理想的です。余裕が無い場合でも1.8m分は確保したい(家電収納+食器棚)ところです。(あくまでも理想です)
奥行は450mmが標準となります。
ゴミ箱置き場およそ300㍉×75㍉(およそ300㍉×250㍉のゴミ箱を3個分)必要ですが、勝手口の計画も併せて検討したいものです。
冷蔵庫は幅、奥行きとも、およそ75㌢で、放熱の隙間も考慮して設置スペースの計画が必要となります。さらに使用する冷蔵庫の吊元と、搬入経路も確認しなければなりません。また、冷蔵庫と家電収納や食器棚は奥行が異なるのが普通ですが、面を合わせて設置すると見栄えもよく、使いやすいことは間違いありません。
それから、冷蔵庫は家族等の飲み物等の出し入れにも使用するので、ダイニングから近いほうが便利です。ですから、コンロの背面側への設置は、ダイニングから遠くなってしまいます。調理動線とも重複して使いにくく、危険が伴うので、できるだけ避けるようにしましょう。キッチンリフォーム

◎2 作業・通路スペース

キッチンの作業効率は、冷蔵庫、コンロ、シンク(実際には調理スペースも)を結ぶ作業三角形で評価、判断できます。
冷蔵庫~コンロ 120㌢~270㌢
コンロ~シンク 120㌢~180㌢(このスペースに調理台))
シンク~冷蔵庫 120㌢~210㌢

合計360㌢~600㌢の範囲が使いやすいと思います。
一辺が長いと無駄な動きが多くなり、短いと調理や配膳スペースが不足して、扉の開閉や調理もしずらくなります。それぞれの位置に2~3歩で移動できる距離が理想的なのです。
キッチンと食器棚、家電収納の間隔は100㌢を理想として、最低80㌢は確保したいところです。二人で作業する場合は130㌢ほしいところです。(なかなか、この数字は厳しいものがありますが、理想としては…です。)
ダイニングへの通路幅も、配膳に支障のない80㌢以上を確保しましょう。それから、ゴミ出しや食品の搬出入用に、キッチンから使いやすい場所に勝手口を計画すれば、大変便利です。

【2】オープンキッチンは、美しさのための収納計画が必要

・キッチンで使用する物品には、種類や用途、そして異形状の物が多くあります。それらを使用頻度、作業手順で仕分けして収納計画を立案しなければなりません。
キッチンは独立性が増すほど収納計画が容易であり、開放感が増すほど困難となります。そのためオープンキッチンでは、最も収納計画が重要となり、並べて使用する家電のカウンターは150㌢以上確保したいものです。

①収納場所と使いやすさ

・キッチンにはキッチンキャビネット、家電収納、食器棚、その他の収納スペースがあります。ですが、全キッチン収納の合計が、必要収納量を満たせばよいわけではなく、適材適所への収納計画が重要です。とはいえガチガチの寸法を取ってしまうと家電を変えるたびに収まらなくなることがあるので、矛盾するかもしれませんが、臨機応変な計画も必要です。
身長160㌢の人の場合、32㌢以下の収納はしゃがんだ動作になり、32~65㌢でかがんだ動作になります。引出しが使用可能な高さは、145㌢までで、物が取れる高さの限界は185㌢となります。
そのため65㌢以下、185㌢以上の部分は使用頻度が低いもの、重いもの、大きいものの収納にあてます。使いやすい高さ65㌢~185㌢の範囲を効率的に使えるようが計画が必要となります。

②キッチンキャビネット収納

・シンク下収納には鍋、ボウル等調理道具、こんろ下収納には鍋やフライパン等の調理道具、調理スペース下の収納には調理小物などを収納。
・使うもののできるだけ近くに、作業手順を考えて収納。
・吊戸棚の標準高さは700mm、上段は手が届きにくいため、頻繁に利用するものは収納しない。
・レバー操作等で棚が降ろせる仕様にすると、利用範囲も広がり安全に出し入れ可能。

次回に続きます。

今回は、この辺で失礼させて頂きます。
 皆様のご健康を心から

練馬区平和台  大東建設 阿部正昭

http://heiwadai.jp/reform_menu/water/ 

 

リフォーム会社 大東建設ページトップへ
練馬区のリフォーム会社 大東建設への資料請求 練馬区のリフォーム会社 大東建設へのお問合わせ