BLOG

ブログ

キッチンの四種の神器の並び方

kitchen01

「手際の良い人が作った料理は美味しい」といわれますが、これは料理だけに限らず、あらゆるところで同じことがいえるのではないでしょうか。

実際、家全体を例にとってみると、動きに無駄がなく流れるように移動しながら作業をしている大工さんが建てた家は「いい家」になります。逆に何か作業をするたびに道具を探していたり、無駄な動きばかりしている大工さんが建てた家は、不思議と不具合だらけの「良くない家」ができあがります。

導線を意識、考えて行動できる人が作るカタチは、自然に使いやすくなるのです。

kitchen02

キッチンにも同じことがいえるため、調理する人の手際の良さに左右されます。
冷たく冷やして食べたいものは先につくって冷蔵庫に、熱々で出したいものは出来たてをそのまま食卓へ。狭いスペースで食材や調味料が目まぐるしく行き交うキッチンは、空間のデザインはもとより、できるだけ機能的であることが求められます。

ゆえに調理、料理の際の手際や使い勝手を考えられる人と、そうでない人の提案するキッチンでは仕上がりに大きな差が出てくるのも必然といえるでしょう。

もし、あなたが自宅キッチンを使いづらいと感じているのであれば…もしかしたら、その原因はキッチン「四種の神器の並び方」に問題があるかもしれませんよ。あなたの料理技術をキッチンが邪魔しているのかもしれません。

キッチン四種の神器を並べて下さい

キッチンに納める機器は多種多様ですが、その代表といえば、
①冷蔵庫
②コンロ
③シンク
この3つだと思います。そして、まな板を置く
④調理台スペース
この4つを「キッチン四種の神器」と私は考えます。

では、ここで、下の図を順にご覧下さい。お宅のキッチンはどうなっていますか?

下のA~Fの6通りの並べ方でどれが一番効率の用意並び方だと思いますか?
q1

正解はEです!

キッチンの機器類は料理の手順に従って並べるのが、もっとも機能的です。
食材を冷蔵庫から出して、シンクで洗い、調理台のまな板でカットして、レンジコンロで加熱調理をする。

下記のように「四種の神器」の配列を守りさえすれば、どんな形のキッチンでも使いやすく出来ます。キッチンリフォームの際には参考になさってみたください。

q2

という事で、キッチンは料理の手順を熟慮とまでは言いませんが、導線に配慮して配置することで、とても使いやすくなります。

しかも、それは自然に動きやすくなるため、「いつの間にかストレスが無い」という状態になるのです。

この世に普及している品や、劇的に売れたヒット商品などにもいえるのですが、人間工学に基づき、機能が集約され、操作性が高いデザインはキッチンにも応用できます。

kitchen03

奥様の身長、利き腕、いつもどういった使い方をしているのか?
に合わせキッチンをデザインすると、シンクからゴミ箱までの位置関係、冷蔵庫までの距離と扉の開き方、シンクから調理台までの高さと距離、調理台からコンロまでの距離なども、各家庭によって微妙に異なってくるはずです。

大東建設では各ご家庭ごとの生活習慣や使い勝手を第一に考えたキッチンリフォームをご提案します。

kitchen03

ページトップへ