Ougahfaser

オガファーザー

それでもまだビニールクロスを張りますか?

日本ではまだまだ当たり前にビニールクロスを貼ります。
ビニールクロスは当然ビニールですので、蒸れてカビが発生しやすくなります。高温多湿の日本ではなおさらです。夏には湿度による蒸れ、冬は暖房器具による結露。そんな中で通気はしない、吸湿はしないビニールに囲まれていたらカビの温床になるのは当然です。

しかし、それほどカビないのは、糊などの材料に大量の防カビ剤が入っているからです。
防カビ剤は戦争で使われた枯葉剤と一緒だそうです。もしかしたら、カビより身体に悪影響かもしれません。

カビや防カビ剤は、アトピーや喘息などのアレルギー疾患を引き起こします。肺ガンなどの可能性も考えられるのです。

またビニールクロスは、一見掃除もしやすく清潔そうに見えるのですが、逆にとても汚れやすいのです。ビニールやプラスチックなどの石油製品は帯電しやすく、 ホコリなどをどんどん吸い寄せてしまいます。

天然素材の壁紙「オガファーザー」

「そんなビニールクロスはいやだ!」という方には、天然素材の壁紙をご紹介します。
ウッドチップ(木材の再生チップ)と再生紙から作られた安全な壁紙です。
その名も 「オガファーザー」。

「オガファーザー」は白いので、いろいろな色に塗装することも可能です。もちろん、何も塗らなくても、とても良い雰囲気のお部屋になります。

最初は塗装せずオガファーザーのみを貼り、数年して汚れが目立ってきたら 天然エマルジョン(デュブロン)を塗るのがおススメです。お好きな色で塗れます。

張り替えは大東建設へお任せ

「オガファーザー」に貼り替えるだけであれば、ビニールクロスに張り替える場合に比べて5割り増し程度の価格です。
ご相談・お見積もりは無料です。少しでも気になった方、ご検討したい方は、お問い合わせください。

ページトップへ