ROOF

屋根葺き替え、屋根修理、屋根リフォーム、雨漏り

知っていますか? 家の不具合で最も多いのは「雨漏り」です

住宅の瑕疵保険は支払いの9割が「雨漏り」

瑕疵(かし:構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の欠陥)保険を扱っている最大手の保険会社『住宅保証機構』では、2014年度に保険を支払った事由として、「雨漏り」の割合が9割を超えたそうです。

瑕疵保険の支払い件数が多い時期とその理由は?

住宅保証機構の資料を見てみると、瑕疵保証の支払件数は特に3年目前後と10年目が多くなっています。
これは保証が10年で切れてしまうから点検してみたら、実際に雨漏りによる劣化が見つかった、ということではないかと考えられます。
住宅保証機構さんは、「外観のデザインが複雑化しているため外皮も当然複雑化し雨漏りを発見しにくくなっているためだ」と指摘しています。

雨漏りに気づかないと家が腐っていきます

雨漏りは家の中に入ってくれば分かるのですが、室内まで侵入せず壁内だけにとどまっている場合は、住人もほとんど気がつきません。
雨が降っている時に外に出て外壁を観察するという方はほとんどいないでしょう。

家の近くにいて急いで帰ってきた場合でも、家の中に避難したり、ずぶ濡れになってしまった衣服や荷物をなんとかするのが精一杯です。やはり雨樋が溢れている状態など観察する暇はありません。

お隣さんと外壁が近かったり、雨樋の掃除をほとんどしない場合も、外壁などを見る機会を減らし、雨漏りに気づかない原因となっています。

雨漏り対策はプロにお任せください

雨漏り対策についてはまず雨樋の掃除など、できることからやってみませんか?
もちろん雨樋の掃除といっても、作業量はばかにならず、簡単にいかないものもあります。
そのような場合は、プロに任せることをお薦めします。無理して怪我をしてしまっては元も子もありません。

大東建設には、雨漏り対策を何件も行ってきたプロの職人がいます。
うちも雨漏りしているかも、しているかわからないけど点検してほしい……そんな時はぜひ、大東建設にお問い合わせください。

ページトップへ