BLOG

ブログ

【トイレ設計の知っておきたい基本[トイレ④]】 

LINEで送る
Pocket

今回も独断と偏見で旧暦のお話から入らせていただきます。

冬至 次候 糜角解つる(しかつのおつる)

おせち支度

うちの実家は最近まで、毎年本格的におせち料理をつくっていました。「今日は数の子と黒豆!」「明日は伊達巻きを焼いて、お煮しめの野菜を切って…」といった祖母の陣頭指揮のもと、みんなでワイワイと台所に立ちます。

私はというと、大掃除の役回りなのですが、おせちをつくるのを傍目で見ていると、改めて気づくのが、どれも手間暇のかかるものばかりということ。

歳神さまにお供えし、家族一緒に食べる一年で最初の食事を、先人がどれだけ大切に考えてきたかがわかります。

ライフスタイルや食の好みが変化しても、おせちのおめでたさは変わりません。それぞれのいわれや縁起を、大切に受け継いでいきたいものです。

今日をたのしむ

【おせち】

季節の節目に神さまへ供える「節供(せちく)」が「お節(せち)」となり、やがてお正月の節供のみを指すようになりました。おめでたさを重ねる願いを込め、重箱に詰めます。

・数の子…ニシンの卵。数の多さに子孫繁栄を願います。
・黒豆…健康を意味する「まめ」との語呂合わせ。無病息災を祈願。
・田づくり…田畑の肥料でもあったイワシの稚魚に豊作を祈願。
・紅白かまぼこ…紅はおめでたさを、白は清浄さを意味します。
・栗きんとん…「きんとん(金団)」は黄金の布団のこと。商売繁盛を願います。
・紅白なます…紅白の水引を模しています。
・昆布巻き…「よろこぶ」の語呂合わせ。
・伊達巻き…巻き物に似た形は、知識や文化を象徴しています。

【福の日】

お正月行事本来の意味やいわれを知って福を招く一日。日付はお正月前の29日を「ふく」と読む語呂合わせから。

【トイレ設計の知っておきたい基本[トイレ④]】 

前回はトイレを化粧室にリノベする方法[トイレ③]というお話をさせて頂きました。今回は引き続き トイレ設計の知っておきたい基本[トイレ④]についてお話したいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【昔、トイレは家の外にあるものでした】

奈良時代、トイレは「厠(かわや)」などと呼ばれていました。誰でも耳にしたぐらいはあると思います。『古事記』には、建物や施設の下につくられた水を流す溝「川屋」が変わって「厠」になったと記(しる)されているようです。

母屋の外側に設けられていたことから「側屋(かわや)」とする説もあるようです。

中世ヨーロッパでも城内にトイレはなく、城外に汚物を投げ捨てていたという少し乱暴な話もありようです。このように昔は日本でもヨーロッパでもトイレは屋外にあるのが一般的でした。

厠は、「はばかり」「ご不浄(ふじょう)」など隠語表現でしたが、やがて「お手洗い」と柔らかな表現で呼ばれるようになりました。戦後は英語のトイレット(便器)を略した「トイレ」が一般的な名称となり、同時に、家から離れた場所から家の中に確保されるようになりました。

前回のトイレを化粧室にリノベするといったように、今では設計によっては、日当たりの良い場所にゆったりとしたスペースとして設けられることも多く見られるようになりました。

もしかしたら、家の中でもっとも落ち着く場所になりつつあるのかもしれません。

【化粧室があると快適な暮らしに】

そんな広くて明るいトイレは「パウダールーム」は「化粧室」などと呼ばれます。化粧室とは文字通り化粧をする部屋と思われがちですが、この場合は化粧もできる部屋というほうが的を射ているかもしれませんね。

※  ①引き戸で間仕切りをしているので、普段は開けっ放しでも大丈夫(OK)

【個室内にパウダールーム)化粧室を設ける】

家の中にそんなスペースがあれば、朝、家族で取り合いになる洗面台がひとつ増えることになってしまいます。夜、家族の誰かが浴室を使っていても、気にせずに使える化粧室があると何かと便利です。

招待したママ友に「手を洗わせて」と言われた時にも、洗濯物を置いているサニタリーではなく、別の化粧室に案内できるため、来客の多い家にも最適といえます。(うーん、でもトイレの中にあるパウダールームに案内するのはって我々世代の日本人には抵抗感がありますけど…)

高齢者の部屋に化粧室を備えるのも、私としてはお奨めです。部屋を出ることなくトイレに行けることはもちろん、好きなときに手や顔を洗うこともできます。ゆったりとしたつくりのトイレは、それはもう高齢者には使い易いことだと思います。

その上、夜中にトイレに起きてしまったときにも寝室から即トイレに行けるのは寒い廊下を震えながら、はるばる歩いていくより遥かに安全といえます。

そんな、スペースはつくれないという家もあるでしょうが、実は工夫次第ではトイレを化粧室に様変わり(リノベ)させることも可能なのです。

【化粧室のつくり方(プランから考える)】

トイレを化粧室としてリノベした例を考えてみたいと思います。下図のように、当初のプランでは普通に造られたトイレも、近接している階段の仕様を変更することでスペースが生まれ、洗面台を設置して立派な化粧室に変身しました。

トイレの配置やトイレの近くの部屋を変更することで、あっという間に化粧室にアップグレードすることができるのです。

狭いトイレが決していけないわけではありませんが、広ければゆったり感も生まれますし、掃除もしやすくなります。トイレを用を足すだけの空間にせず、もっと多機能な部屋にしてみませんか?

※[最初の平面プラン]

※[変更後の平面プラン

【トイレをパウダールームに変えるリフォーム】

トイレを階段側にはねだしたプランに変えたことによって、パウダールーム(化粧室)に変身。小さな手洗い器を、顔も洗えるくらいの洗面器に変更して、化粧ミラーを設置してアップグレードさせた例です。

※ ①洗面器にカウンター、化粧鏡も設置することで、女性の化粧直しも可能な空間に変身です。

.。。。。。。。。。。。。。。。。。。

by株式会社 大東建設 阿部正昭

heiwadai.jp

リフォーム会社 大東建設ページトップへ
練馬区のリフォーム会社 大東建設へのお問合わせ