BLOG

ブログ

障害者も健常者も快適に暮らせる家[快適さを生む「繋ぐ」4]

LINEで送る
Pocket

今回も独断と偏見で旧暦のお話から入らせていただきます。

初侯 雷乃声を収む(かみなりのこえをおさむ)

秋祭り

「ドン!ドン!」と聞こえてくる太鼓の音に耳を澄ませていると、軽やかなお囃子が風に乗って聞こえてきます。

これからは各地で秋祭りシーズン。その多くは、秋の実りを神さまに感謝し、喜びを分かち合う収穫祭です。

稲の成長を見守った「田の神さま」は、収穫が終わると人里を離れ「山の神さまになると信じられてきました。

そのため秋祭りは、田の神さまを送り出す意味合いも含んでいます。旅立つ神さまにたのしんでいただくため、歌や舞、相撲といった神事の奉納も欠かせません。

来年の豊作を願いながら、神さまと人とがたのしいひとときを過ごします。

 障害者も健常者も快適に暮らせる家[快適さを生む「繋ぐ」4]

バリアフリーというと、車椅子の人など障害者のための「手すり」や「段差の解消」などの装置を想像し勝ちですよね。私は何らかの障害がある人でも、健常者と同じように普通の生活を送れる家が、バリアフリー住宅だと思っています。

以前、建主さんに呼吸困難の病気を患っている方がいて、酸素チューブの動線を間取りのなかに組み込んで設計をさせて頂いたことがありました。

これも正にバリアフリーの1つの例だと思います。ですが、私が設計監理及び現場監督させて頂いた家に住んでみると、自然に病気が治り、その後完治したらしいのです。

お医者さんからは、不治の病だといわれていたそのなので、世の中には、不思議なことがあるものだと思いました。

それから、今は健康なのに、将来車椅子を使うときのため、とりあえず手すりを付けておくという方がいます。私の間取り的経済学からいえば、これも無駄な出費だと思います。

右側の壁に手すりをつけたにもかかわらず、体の右側に障害が出たらどうするのでしょうか。将来のために下地を用意する程度にとどめるべきだと思います。

と、30数年前までは、若気の至りでしょうか、そう思っていました。ところが、段差のある場所に手すりを付けた家に住んでいる方は、十年後、二十年後も車椅子が必要にはなっていなかったのです。

将来のために、ホームエレベーターを設置させていただいたお宅では、十数年後、半数近くの方が、車椅子生活になっていたにも関わらずです…

ホームエレベーターの話は、また別の機会にお話させていただきます。手すりの話にもどると、どうも毎日足にかかる負担を、手すりがある程度軽くしていたのだと思いました。

そして、手すりがあると、階段の上り下りや外出が億劫にならず、適度な運動に繋がっていたようです。毎日の足腰を中心にした適度な運動は、筋肉の衰えを軽くし、むしろ高齢者でも鍛えられることも分かってきています。

その筋肉の衰えをとめるだけでも、元気で楽しい老後を満喫できうる手助けになるのです。右側の壁に手すりを付けておけば、身体の右側に障害は出ないのです。

むしろ、全身の障害を予防してくれるのではないかと思っているくらいです。

建て替えや大規模リフォームをする際には、玄関、廊下、階段に手すりを付けるための下地は仕上げ下地壁の以前に入れておくことは
当然計画しています。

むしろ、将来のために下地を用意するのは最低限で、逆にそこまでで終わらしてはもったいないのだと思っています。

by株式会社 大東建設 阿部正昭

リフォーム会社 大東建設ページトップへ
練馬区のリフォーム会社 大東建設へのお問合わせ