BLOG

ブログ

【快適な収納づくりのポイント[収納①]】 

LINEで送る
Pocket

今回も独断と偏見で旧暦のお話から入らせていただきます。

大暑(たいしょ)次候 土潤いて溽し暑し (つちうるおうてむしあつし)」

夏の知恵「暑気払い」

七十二候が大暑の次候「土潤いて溽し暑し (つちうるおうてむしあつし)」 ~大暑・次候~となりました。

「溽」の字には湿気が多くて暑い、といった意味があり、日本の夏独特の絡みつくような暑さは「溽暑(じょくしょ)」とも表現します。

外に出ただけでも汗が吹き出す暑さを払いのけようと、先人は「暑気払い」としてさまざまなアイデアを実践してきました。

冷たい食べ物や飲み物で暑さを凌いだり、打ち水や行水で涼を得たり。

現代では、キンキンに冷えた生ビールなどを酌み交わし英気を養う宴会そのものを指す場合もありますね。

40℃を超える酷暑も珍しくない今だからこそ、夏を乗り切る知恵の結晶である「暑気払い」を楽しみたいものですね。

・今日をたのしむ

【土潤いて溽し暑し(つちうるおいてむしあつし)」

夏の暑さを加速させるのは、この時季ならではの夕立です。雨で湿った地面からは熱気が立ち上がります。

一日のほとんどが蒸し暑 さで覆われるからこそ、夜明け前のわずかな時間の涼しさに安らぎを覚えるものなのです。

【菜っ葉の日】

7(な)月28(っぱ)日の語呂合わせ。ビタミンたっぷりの葉物野菜
カルシウムや鉄分も豊富。

食欲が落ちる夏には、さっぱり食べられるサラダやおひたしで重宝します。今は高原キャベツやモロヘイヤなどが最盛期。

【乱歩忌(らんぽき)】

1965(昭和40)年の今日、ミステリー小説の巨匠・江戸川乱歩が亡くなりました。代表作「石榴(ざくろ)」から石榴忌(ざくろき)とも。

・季節をたのしむ

【甘酒】

江戸時代には夏バテ防止の栄養補給飲料として売り歩かれた甘酒は、夏の季語。エネルギーに変換されやすいブドウ糖や腸内環境を整えるオリゴ糖のほか、必須アミノ酸とビタミンB群を含み、その栄養から「飲む点滴」とも。

【快適な収納づくりのポイント[収納①]】

いつも思うのですが、収納すべきものを考えると、実は広さよりも奥行が重要だと。大きな収納を少量つくるより、小さくてもたくさんの収納場所をつくったほうが、ものが自然と片付きますし、部屋が驚くほど綺麗になります。

1・住まい全体でひとつでも部屋としての収納室があると、すぐに使えるものや大きなモノをしまえるので部屋が驚くほどスッキリ片付きます。

2・収納は「大きければいい、広ければそれでいい」という時代は終わっています。固定観念は捨てるべきだと思っています。収納するものによって最適な奥行があります。

例えば、洋服の収納スペースならば「60cm(有効寸法で)」がベストです。よほどキングサイズの人がいない限り…

3・本の収納には間違いなく浅めの奥行きがベストです。廊下の壁を本棚にしたり、また一方で個室内の中央に本棚をアイランド型に設置したりするのもありだと思っています。廊下の壁のほうは、特にお奨めです。

4・立体的に収納空間を考えることも重要だと思います。床下や階段下、階段上や屋根裏などを収納にしたり、部屋の一角に吊戸棚を備え付けるのも十二分にあり、ひとつの手だと思います。

by株式会社 大東建設 阿部正昭

heiwadai.jp

リフォーム会社 大東建設ページトップへ
練馬区のリフォーム会社 大東建設へのお問合わせ