BLOG

ブログ

リフォームと新築の違いは、「生活図面」をつくりあげること[リフォームの大切な視点④]

LINEで送る
Pocket

4リフォームと新築の違いは、「生活図面」をつくりあげること[リフォームの大切な視点④]

今回も独断と偏見で、旧暦のお話から、入らせていただきます。

小暑 末候 鷹乃学を習う(たかわざをならう)

鷹乃学を習う(たかわざをならう)

鷹狩り七十二候で、小暑の末候は、鷹乃学を習う(たかわざをならう)。🦅鷹のひなが飛び方を身につけるころという意味で、およそ七月十七日から二十一日ごろまでの季節です。
かつては王侯貴族たちにとって、鷹狩りは権威の象徴のようなたしなみでした。そんな鷹狩りの鷹を養い育てる鷹匠(たかじょう)にとって、若鳥が飛翔の仕方を覚えるこの季節は、重要な時期だったことでしょう。ちなみに、鷹狩りにつかわれた鷹🦅は、主に大鷹(おおたか)や隼(はやぶさ)でした。
オオタカと鷹匠以前、昔々(笑)学生の頃、山で巣から落ちた大鷹の雛をもらい育てたことがあります。その大鷹の雛は、すくすくと育ち、まるで鷹匠のようにオレの肩から飛び立っては、戻ってくるようにまでなりました。ところがある日、˚‧º·(˚ ˃̣̣̥᷄⌓˂̣̣̥᷅ )‧º·˚学校から帰ってきた、オレの姿を見つけ家の中から飛び立ち、まっしぐらに向かってきた彼とオレの間には大きな透明な窓ガラスがあり、猛スピードで衝突して死んでしまいました。( ・ᴗ・̥̥̥ )
今でも、この時期になると、トラウマのようになって、昨日のことのように思い出されます。

4リフォームと新築の違いは、「生活図面」をつくりあげること[リフォームの大切な視点④]

リフォームは、日常生活の要求から始まります。

練馬区の建物 日本人は広さの感覚を把握する際、リビングは14畳、浴室は2畳など、畳の枚数で広さをイメージします。これは今でも床に座るという生活様式の流れが残っているためです。長辺方向、1間(1,818mm)と短辺方向、半間(909mm)が畳一枚であり、畳二枚で1坪(3・3㎡)とたいへん分かりやすい規則があるため、素人でも方眼紙で間取りを考えることができます。実際、不動産屋さんに行って、間取り図面を見させられて、リビング20㎡とか言われても、広さがどれくらいかは分かりません。少し分かる人なら、畳に換算して、およそ12帖だから、うちの6帖間二つ分くらいか?!なんて、広さを計算しているかたもいらっしゃいます。
それが、モジュール感覚だと思ってください。
練馬のリフォームと新築の違い 専門家の場合、プランニングして平面計画がまとまれば柱の位置を経験と場合によっては、計算により決めますが、これも1間(1,818mm)による割付寸法が骨組みの基準となっています
したがって部屋の面積を計算する場合、柱や壁の中心から計算するので、柱や壁の厚さの半分だけ床面積は若干ですが狭くなります。ところが、ヨーロッパなどでは壁の内側の実際に使うことのできる面積で考えます。ヨーロッパは、冬が極端に寒い地方が多く、夏は湿度があまり高くならないため、日本の夏のようにうだるような暑さになる地方は多くありません。

練馬区の階段メリット

そこで、建物の構造は、日本の吉田兼好さんの「建物は夏を旨とすべし」の逆で極寒の真冬に合わせ、断熱のために、日本の住宅に比べ、遥かに壁が厚くつくられています。日本の家は10cm~15cmに対してヨーロッパでは、30cmは当たり前で、それ以上の家も少なくありません。壁芯で広さを考えてしまうとその中の生活が成り立たないのです。
 ですから、リフォームを計画する際には、足を伸ばせる浴槽を入れたいとか、この場所にこの家具を収納したいので何cm広げてほしいとか、日常の不便さを解消したいという生活から生まれる欲求から始まります。リフォームの場合、新築時と違って前述のような寸法や柱の位置はあまり意識しません。むしろどれだけ有効面積が確保できるか考える分、ヨーロッパの考えに近いかもしれませんね。

例えば同じ図面でどう考えるかというと

「洗面所の横にトイレを移動して、水回り設備を一緒にしたい」

「キッチンに勝手口を設けて、ゴミを出せるようにしたい」

「流し台にカウンターを付けて、配膳に使いたい」

「リビングの開口部を出窓にして奥行き、広がり感を出したい」

リフォームの大切な視点テレビがカーテンにかかってしまい、カーテンがひきにくいので、ひけるようにしたい。

トイレを移動して和室とリビングに繋げたい。

和室の隣にトイレがあり、音をなんとかしたい。

風呂上がりの姿が玄関から見えてしまうので、ドアを付けたい。

 要するに新築とリフォームは大きなとらえ方をすれば、広さに対する求め方が違うということです。新築は決められた基準寸法から広さを割り出していきますが、リフォームに関しては有効に使える広さを確保してから寸法を決めていきます。新築はつくり方も含めながら間取りを表現すること、リフォームは生活をつくる図面をまとめ上げることなのです。

by株式会社 大東建設 阿部正昭

リフォーム会社 大東建設ページトップへ
練馬区のリフォーム会社 大東建設への資料請求 練馬区のリフォーム会社 大東建設へのお問合わせ