BLOG

ブログ

【設備機器の選定】慎重且つ早目の設備選び(屋内リフォーム⑨)

LINEで送る
Pocket

今回も独断と偏見で旧暦のお話から入らせていただきます。

処暑 次候 天地始めて粛し(てんちはじめてさむし)

小さな冒険

今日は「冒険家の日」です。日本人冒険家たちの数々の偉業が、年は違えど多く達成されたことにちなんでいます。

私たちの日常と冒険は縁遠いものです。

でも見方を変えてみれば、なにも危険を伴う行為だけが冒険ではありませんよね。

たとえばいつもとは違うファッションに挑戦したり、普段は通らない道を歩いてみたり、ちょっとした変化も暮らしのなかの冒険です。

前人未到ならぬ、前私未踏。はじめてのお店、はじめての料理、はじめての場所など「初」をキーワードに一日を過ごしても面白そうです。

・今日をたのしむ

【冒険家の日】

1965(昭和40)年には同志社大学山岳部の南米遠征隊がゴムボートによってアマゾン川を源流から約1300Km下ることに成功し、1971(昭和46)年には植村直己さんが日本列島3千Kmを徒歩で縦断することに成功、1989(平成元)年には堀江謙一さんが小型ヨットでの太平洋単独往復に成功しています。

【富士山測候所記念日】

1895(明治28)年の今日、野中到(のなかいたる)さんが富士山頂に測候所を開設しました。彼は日本の気象学の発展のために私財を投げ打ち、みずから真冬の富士山頂にとどまり天候を記録しました。

【パッピーサンシャインデー】

 8をハッピー、30を、サンシャインと読む語呂合わせ。太陽のように明るい笑顔で、ハッピーな一日を過ごしましょう。

【設備機器の選定】慎重且つ早目の設備選び(屋内リフォーム⑨)

【マンションの水廻りの移動】


[排水管が階下の部屋の天井裏にある場合]

かなり古いマンションでは排水管が階下の住戸の天井裏を通っている場合があり、配管の移動は困難となり、全館いっせいのリノベーションでもない限り不可能。


[排水管が床下にある場合]

移動は可能ですが、水廻りのある床とコンクリートスラブ(床下の構造床)の間の空間によって移動可能な距離が決まります。

※※※【家事動線が短縮できる水廻りは?】
キッチンのすぐ後ろに洗面脱衣室など水廻りを纏(まと)めておいた場合、動線が短くなり掃除がしやすい等の利点があります。当然、洗濯機の位置も近いので、それぞれの家事を同時に進められ大変便利です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【キッチンの移動はLDK全体のリフォームにすることをお奨めします】

住宅水廻りの位置移動といっても、戸建てとマンションでは、できることとできないことが大幅に異なります。まず戸建てでは、ほぼどんな移動でも費用を考えなければ、ほぼ可能といえます。

例えば1階のキッチンを2階に移すことも可能です。ただし大変工事が大掛かりになると思われますので、コストはそれに伴って上がります。

マンションは配管の勾配(こうばい)などの関係で、今、現在ある水廻りを移動できる範囲は限られてしまいます。古いマンションで、排水管が階下の天井裏を通っている場合は、とくに移動が困難だと思われます。

水廻りの位置移動で、断然多いのがキッチンの移動です。かつてのキッチンは、「壁付け型」や壁で囲まれた「独立型」が多く、一般的だったのですが、現在では、リビングやダイニングにいる子どもの様子をうかがったり、家族と会話したりしながら炊事や料理ができる『対面型』が主流になってきています。

壁付け型キッチンを対面型にする程度の移動は、マンションでも可能な場合が多いのです。対面型に変える場合、単にキッチンをリビング側に向けるだけでなく、LDも含めてコーディネートするリフォームをお奨めいたします。

対面型のキッチンにもカウンターの片側を壁に付ける『ペニンシュラ型』、キッチンの両側を人が行き来できる『アイランド型』と大きく分けて2種類あり、これによって部屋の雰囲気もずいぶんと違ってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【キッチンのレイアウト】

【壁付け型】

壁や窓に付けて設置したタイプ。作業するスペースは広いが、会話するには後ろを振り向かなくてはならず、家族との一体感が生まれるのは難しい型(タイプ)といえます。

【独立型】

壁で仕切られ、リビング・ダイニングから独立した型(タイプ)訪問客などからの視線が気になることは少ないが、コミュニケーションが取り難(にく)く、家事をするものが孤立し易いのが欠点。

【対面型】(ペニンシュラ型)

リビング・ダイニングのほうを向いて作業ができる型(タイプ)です。家族との会話や子どもを見守りながらの炊事や料理ができます。

【対面型】(アイランド型)

キッチンの両端が壁から離れていて人が行き来でき、リビング・ダイニングと強い一体感が生まれる型(タイプ)上図のようにコンロとシンクが分かれているタイプは、Ⅱ列型ともいわれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
浴室や洗面室、トイレについてはなるべく纏めてキッチンに近いところに配置することにより、家事の効率が格段に向上します。浴室、洗面室、トイレを敢えて通常の建具で仕切らず、ドアを省いたり、ガラスで仕切ったりしてオープンにするのも開放感があります。

今、現在狭いと感じているなら、是非検討してみたい手法だと思います。

by株式会社 大東建設 阿部正昭

リフォーム会社 大東建設ページトップへ
練馬区のリフォーム会社 大東建設へのお問合わせ