BLOG

ブログ

[【中古住宅購入時のローン]ローンを一本化するなら、リフォーム会社の早目の選定](資金計画⑤)

LINEで送る
Pocket

今回も独断と偏見で旧暦のお話から入らせていただきます。

雨水(うすい)次候 【霞始めて靆く(かすみはじめてたなびく)】

北へ帰る

そろそろ、本州各地で冬を過ごしたコハクチョウやオオハクチョウの北帰行(ほっきこう)がはじまります。彼らが目指すのは、はるか彼方の生まれ故郷、ロシア。

北海道に渡り1カ月ほど過ごしたのち、シベリアの大地を目指します。故郷に戻り、恋をし、子育てをし、秋になると再び日本へ。また戻ってくるまで8カ月あまり。無事の旅路を願うばかりです。

・今日をたのしむ
【霞始めて靆く(かすみはじめてたなびく)】

雨水の次候は、大気中に水分やチリが増え、遠くの景色がぼんやりと見える自然現象、霞が主役です。

気象用語としては「霧」ですが、古来日本人は、春は霞、秋は霧、と季節のうつろいに合わせて呼び名を変えてきました。寒さで張りつめていた空気が、ようやくしっとり、やわらかくなるころです。

【ハクチョウ】

日本に飛来する【ハクチョウ】は、二種類いるんですね

シベリアから日本に飛来するハクチョウは、全長140cmほどのオオハクチョウと、ひと回り小さいコハクチョウの2種。湖や池の凍らない越冬地を求めて、3千?4千kmの大移動を行います。

・季節をたのしむ
【ニシン】

北帰行ののハクチョウたちと交差するように、北海道沖にはニシンが春を連れ、群れをなしてやってきます。

ニシンの別名は「春告魚(はるつげうお)」。塩焼きはもちろん、干物や身欠きニシンも人気です。群れのメスが産卵し、オスが放精することで海が乳白色に染まる現象は「群来(くき)」と呼ぶそうです。

春を告げる鳥「春告鳥」はウグイス、「春告草」は梅の花、そして「春告魚」はニシン…こんなにも昔から人は春を待ち侘びて、来春の兆しを期待できる、自然に照らし合わせてきたのですね。

[【中古住宅購入時のローン]ローンを一本化するなら、リフォーム会社の早目の選定](資金計画⑤)

 

前回は[ローンの借り方]一見有利な住宅ローン、短期で借りるならっリフォームローン-(資金計画④)

 https://heiwadai.jp/rifo-muro-nn/という内容でお伝えさせていただきました。

今回は【[【中古住宅購入時のローン]ローンを一本化するなら、リフォーム会社の早目の選定](資金計画⑤)】をお伝えさせていただきます。前回の記事をご覧になりたい方は青字のタイトルにリンクを張っておきましたので、タップしてお読みください。

それでは、よろしいでしょうか?

【中古住宅を購入する場合の流れ 】

①物件・リフォーム会社探し

[同時に]
物件探しと同時平行で、リフォーム会社や建築会社、建築家といった依頼先と打合せを進める。

②物件決定・不動産購入申し込み

[同時に]
住宅ローン事前審査

リフォーム見積書を金融機関に提出する。

③不動産売買契約

[同時に]
住宅ローン本審査

リフォーム工事契約書を金融機関に提出する。

④物件の引き渡し

[同時に]
住宅ローン契約・融資実行

融資が行われ、ローン返済が同時にスタートする。

⑤リフォーム工事スタート

不動産購入申し込みから売買契約までは約1~2週間。プラン・見積もりを用意していないと間に合わない。

………………………………………………………………….

【物件探しとリフォームの依頼先選びを平行して行う】

従来、中古住宅を購入してリフォームする場合、住宅購入費用は住宅ローンで、リフォームは現金かリフォームローンに分かれているのが一般的でした。ところが最近は、購入費用とリフォーム費用を一括して住宅ローンを利用できる金融機関が増えてきています。

低金利で借りられて、手続きも一本化できて便利です。

この場合に気を付けなければならないことは、ローンの申し込みをする際にはリフォームの見積書や契約書が必要になることです。購入する中古物件が決まると、不動産会社に購入申し込みを行います。

その後、ローンの可能性を探るために、一つまたは複数の金融機関にローンの事前審査を申し込みます。その際にリフォーム会社等の「見積書」が必要になります。さらに不動産会社売買契約を経て、ローンの申し込みをする段階になると、大規模リフォームでは「工事契約書」を提出しなければならない場合もあります。

ですが、購入申し込みから契約までの期間は、せいぜい一週間から二週間しかありません。場合によっては、さらに急がされる場合もあります。この間にリフォーム工事の見積もりだ、契約だと一気に行うのは、かなり無理があります。

少なくとも、それ以前にリフォーム会社を決めておかないと無理だと思われます。

このように、リフォームを前提に中古住宅を購入する場合は、物件探しと平行してリフォームの依頼先選定をしておく必要があるのです。そしてリフォーム会社には中古住宅を探していることを伝え、プランの要望や全体の予算のことなどを相談することをお奨めします。

最近では物件探しからリフォームまで一貫してサポートしてくれる会社もあります。

by株式会社 大東建設 阿部正昭

HOME

 

リフォーム会社 大東建設ページトップへ
練馬区のリフォーム会社 大東建設へのお問合わせ